事業紹介 保守

鉄道車両のメンテナンスを
行っています

お客さまに安心してご利用いただける安全で快適な車両を提供するため、車両を分解して部品ごとに細かく検査をしています。また、更なる車両品質向上に向け、鉄道車両メンテナンスのスペシャリストの養成など人材育成にも注力しています。

MAINTENANCE

主な業務内容

車体の上げ乗せ

天井クレーンで車体と台車を切り離し、検査場へ送ります。検査を終えた車体は再び台車へ乗せます。

網干支店や下関支店では車両を編成ごと持ち上げることができます。

部品脱着

屋根上にあるクーラーやパンタグラフなどを検査するために取り外し、検査を終えた部品を取り付けます。

車内や床下にある電気部品、空気部品を検査するため取り外し、検査を終えた部品を取り付けます。

車輪検査

摩耗した車輪のレールとの接触面をきれいに削り、快適な乗り心地を提供します。

モーター検査

電車を動かすモーターを分解・検査し、正常に動作するかを確認しています。

クーラー検査

各種部品の検査、熱交換器の洗浄、冷凍サイクル更新工事などを行い、快適な車内環境を提供します。

コンプレッサー検査

コンプレッサーで作られた圧縮空気はブレーキやドアの開閉に使われるため、正確に動作するよう分解検査します。

ドア検査

お客様が安心してご利用できるよう、開閉動作が正常に行われているか点検、調整しています。

車内作業

内装部品や車内配線に不具合がないか確認しています。また各種改良工事なども行っています。

電気・空気部品検査

電車の加速やブレーキ、ドアの開閉など重要な動作を担うため、正確に動作するよう検査しています。

電子基板点検作業

長時間使用すると熱などでハンダなどの状態が悪くなることもあるため顕微鏡で検査し、不具合箇所を修繕します。

公民鉄のメンテナンス

吹田支店千里センター では、大阪モノレール ㈱ の車両要部検査及び全般検査業務を行っています。

車体上げ
台車整備